融資の馬鹿一代

消費者金融選びや利用時には、いくつかの注意点があります。「失敗した!」ということにならないためには、できるだけ借り入れに関する知識を持っておくことが重要になるでしょう。

消費者金融選びの注意点は、それほど難しくありません。テレビコマーシャルなどでみかける大手消費者金融なら、まず大きな問題なく借り入れできます。中小の消費者金融でお金を借りたいのなら、きちんと登録している業者なのかどうかということを調べることが必要です。日本貸金業会に登録している業者なら、まず法外な利息をとることはありません。借り入れ前に必ず検索しておくようにしましょう。

消費者金融を利用するときの注意点は、とにかく多めに借りないということです。借り入れするときに最初は不安もありますから、大きな金額を借り入れするのは少し難しく感じるかもしれません。しかし、借り入れを続けていると借り入れしている状態が普通ということになってしまうので、多めに借りることに何の疑問ももたなくなってしまうかもしれません。

利息を払わなければならない、ということを考えれば必要最小限の金額だけ借り入れすればそれでいい、ということになるはずなのですが、借り入れしていることが常態ということになってしまっていると、利息を払っているという感覚さえなくなってしまうおそれもあるのです。

借り入れ先選びと、借り入れ金額の設定を慎重に行えば、大きな失敗をふせげるはずです。

プロミスへの過払い請求に関してです。利息制限法の改正により、現在の貸金の利息は

・元本10万円未満の利息年利20%、
・10万円以上100万円未満  年利18%、
・100万円以上  年利15%  となっております。

しかしその一方で出資法という上限金利等を定めた法律があり、上限年利29.20%というものも定められています。
利息制限法以上の利息と出資法以下の利息の曖昧な面の金利「20%~29.20%」のことを「グレーゾーンの金利」と呼ばれています。
このグレーゾーンの金利は本人が任意で支払っているものとしての扱いでしたが、裁判の判決でグレーゾーンの金利分は明らかに払い過ぎであり、任意ではなく「不正な支払い」としての扱いと変わり、申し出があった場合過払い金として返還しなければならなくなりました。

そして相次ぐ可払い請求騒動が始まりました。自分でも一応出来るのですが、軽く見られたりして返還率が低かったり時間が異常にかかったりするので、間違いが無いように弁護士などのプロに頼むことが多いです。過払い請求専門の弁護士事務所があるぐらいです。勘違いしてはならないのは年利が29.20%以上ではないので闇金という訳ではありません。ただ利息制限法と出資法に対してのグレーゾーンの金利に対してはちゃんと精算しなさいという命令効果みたいなものです。

データとしてはプロに頼んだ場合は、プロミスの場合=満額100%に対して返還率は95%前後。
返還日(過払い金を返してくれる日)の目安=1~6ヶ月となっております。
お金をかりたいときは、カードローン審査を行なってから借入するようにしましょう。

今では利息制限法を超える金利ではありませんが、以前の該当する時期に多く返済をしていた該当者には返還を請求する権利があります。
ご参考までに。

大変便利なカードですが、このカードで大変助かったお話があります。

今考えると、その一枚のカードがなかったらと思うとぞっとします。

その出来事とは、まず最初に私たち友達は釣り好きです、しかも夜釣りが好きなんです。しかし近頃はあまり

釣れなくなったので、ツーな穴場がないか少し足を伸ばして探すことに。

散々探していたら、ある海へと続く道を見つけました。もしかすると、と思い行ってみると浜辺につきました。

見渡しても穴場はなさそうで引き返そうとしたその時でした!砂浜に安易に入ったためタイヤが空回りです。

しかも雨が降ってきて更に満潮が近づいてきていて、自分たちの車のそばまで海が迫ってます。どうしようと外に出ると、

看板があり、レッカーの会社でした。すぐ思ったのは、やられた!ここは車で入ってきて、動かなくてレッカーを呼ぶパターンの場所なんだ。

と気が付きました。しかも値段は45000円先払い、悪どい商売です。そこで大手某会社に連絡してレッカーを頼んだら

そこにいくまで3時間かかると言われ、どう考えてもその頃には車は海に飲まれています。時間がありません。でも現金が

いくら何でも45000円も現金で持っている訳がありません。悩んでいたら、一人がそういえば俺カード持ってるよとの事。

確認の為にその高いレッカー社に電話したらカード払いOKとの事。足元を見られて頭にくるが、仕方ありません。

すぐに来てもらいました、たった10分で来ました。ただ数十メートル砂浜から脱出するだけなのにと悔しがっても仕方ありません。

結局すぐに引っ張ってもらって脱出!支払いは既にカードで先払いしてあるので、あとでみんなで分割でという事に。

とにかくそんな状態で、カードがなければ現金がないのでレッカーは来れずに塩で車はオシャカでしょう。

その時本当に、一枚いざという時のために即日融資カードを持っておこうと思いましたね。助かりました。

 

 

クレジットカードは使い方により、本人に喜びを持たせてくれますが、反対に破産をさせてしまう状況にもなってしまいます。

これはちゃんと喜びを持たせてもらって、楽しく使うための注意事項です。というのも今カード破産でギャンブルに手を出してしまい、返済できない人が増えているからです。ではそうならないためにはどうしたらいいか。

とにかくギャンブルをしても借金はしないことです。ギャンブルをする時にちょっと現金がないから、と言ってカードに手を出すのは、破滅への入口かもしれません。正直大丈夫と思い込んでしまい癖になってきます。

そうなるともうギャンブルの誘惑に勝てなくなっている手後れ状態の可能性もあります。ギャンブルはあくまでも余裕資金でするものです。借金してするものではありません。

けれどもその一方で、ギャンブルから抜け出せない症候群に陥っている人もいます。もし周りでカードを使ってでも借金をしてギャンブルする人が居たならば、注意してあげましょう。

もうすでに手遅れのような気がしますが、、、でも周りの助けがあってこそ止めることが出来る可能性があるので、少々キツい言い方をしてでも止める方が無難です。

また、本人の意思も重要です。自分でギャンブルの為にカードを使い始めたら一歩手前と考えたほうが良いです。

何故私がここまでギャンブルの破産について言うのかは、周りで酷い有様を見てきているからです。

なので、自信を持って言えます、ギャンブルを借金でし始めたらそれは最悪になる前のサインですので気を付けましょう。